2006年11月17日 (金)

ボランティア活動です。

20061116135124 本日は新横浜駅近くの施設へ

行ってまいりました。

2台のピアノを手分けして仕上げます、

ピカピカに磨いたペダルを前に嬉しそうd(⌒ー⌒) ~。

今月来月はたくさん予定されています。

皆さん、風邪に気をつけて頑張ってくださいね♪。

|

2006年10月18日 (水)

浜松に行ってきました(2)。

_3_3 今日は河合楽器製作所・竜洋工場の見学です。こちらはピアノ歴史資料室です。ハープシコードやグランドピアノ第一号、昭和型アップライトピアノなどが展示されています。クリストフォリのアクションモデルなどもあり、興味津々。。まだまだ書きたいことがあるのですが、詳しくは近日中にHPに掲載したいと思います。HPトップ→学院生のぺージ→ギャラリーからご覧ください(*^^*)。

|

2006年10月17日 (火)

浜松に行ってきました(1)。

_1_3_1

秋の研修旅行でピアノの街・浜松に行ってきました。調律に携わる者としては一度は(といわず何度も)訪れたいところです。ピアノ製作工場も数多くあり、卒業後は浜松へ就職・研修に行く 生徒さんもいます。今日は楽器博物館見学&中村紘子さんコンサートでした。学院長、チェンバロで弾くバッハに豪く感動しておりました。アクトシティ45階・展望回廊にて夕日を眺めるひとときも。。浜松はいつ来てもいいですね~。

_4_3_3

|

2006年10月 6日 (金)

調律学院の教材

Img_0025 横浜ピアノ 調律学院の教材にピアノをバラバラに

した共鳴板とフレームと弦が一体化した

通称バック(BACK)と言われるものがございます。

弦が切れてしまったピアノなどを張り替える練習に使用して

おります。

昨日のブログにギターの弦の張替えが出ておりましたので

ピアノの場合の張弦材料を載せてみました。。

ピアノ調律の学校なのですが何故かスタッフがアコギにはまって

おります、考えてみるとピアノもギターもアコースティックですね・・・

|

2006年9月30日 (土)

バットの交換。

Img_0005 今日は午前中、卒業生のYさんがバットプレート

スクリューの穴が大きくなりすぎて埋木をしたが

治らないということで修理を持ち込まれました。

やはり埋木をしても穴が大きすぎて上手くフレンジが固定されず

とうとうバット交換となりました(σ_σ)。。

学院長が修理をして無事終了!修理は楽しくとても勉強に

なりました

でも外だとアタフタしそう。。プレートスクリューの穴が大きくなって

しまった場合の他の修理方法は無いですかね。

どなたかご存知ありませんか??

|

2006年9月26日 (火)

祝!合格!。

Dscn1397 研究科所属の2名の生徒さんが(社)日本ピアノ調律師協会

入会審査に合格しました。

おめでとうございます(^^)!!本当によかったですね。

学院では皆さんに協会員を目指してほしいと思っています。

なぜかといいますと、現在日本には調律師の国家資格は

ありませんので、これに代わる最も重要な資格であるからです。

また、頻繁に行われる研修会は技術研鑽・情報交換の

重要な場でもあります。

なかなか厳しい試験ですが、先輩に続くべく精進しましょう~。

|